スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eclipse for C/C++ でインクルードファイルに警告が出る時の対処

Eclipse for C/C++ Development で開発をしているのですが、時折「コンパイルは通るけど、インクルードファイルに警告線が出ており、そのインクルードファイルに記述されている内容のコンテンツアシスタンスが効かない」ことがありました。

もちろん、自分で用意したヘッダーファイル等でしたら、project->C/C++ Build->Settings->Directoriesにパスを通していないだけのことが多いのですが、ここでは、OpenCVのインクルードファイルの様に、環境パスが通っていてコンパイルが出来るのに警告が出る様な場合を取り上げています。

<確認事項>
プロジェクトウィンドウ上(GUI)で、プロジェクト -> Includes を開いた際にパスが記述してあるか確認する。
例)/user/include

これは、デフォルトで設定されるもので、GCCでコンパイルするときにオプションを付けなくても読みに行くディレクトリが設定されているはずです。

動作がおかしい時はここに何も記述がありませんでした。
(プロジェクトをコピーしたときに消えた? 勝手に消えた?)


<修正方法>
パスの設定が消えてしまっているだけなので、パスを記述してやれば良いだけです。
しかし、何を記述すればいいのかいちいち調べるのは面倒くさいので、以下の手順を踏むことをお勧めします。

project->C/C++ Build->Discovery Options のAutomate discovery of paths and symbols のチェックをはずして「OK」でプロパティを閉じる。
その後、もう一度チェックを入れて「OK」でプロパティを閉じる。

※追記: 左側のToolsで、CかC++を選択してから行って下さい。

これで、プロジェクトをリフレッシュすると、Includesにパスが追加されるはずです。

パスが追加された後、インデクサが走ると警告が消え、コンテンツアシストも正常に動作しました。


なお、動作を確認したのは、Version: 3.5.2のEclipseです。
関連記事

theme : プログラミング
genre : コンピュータ

comment

Secret

プロフィール

シロマ=ナノ

Author:シロマ=ナノ
参加予定イベント:
 ・C91 3日目西め28a

DIVA-AC:
 LV.199 白のシンフォニア

Flashカレンダー
Twitter
カテゴリ
最新記事
PCLクレジット
当ブログは、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(http://piapro.jp/license/pcl)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「Meiko」「Kaito」及びそれらに依拠して制作されたキャラクター「亞北ネル」「弱音ハク」を描いた作品を公開しています。
アクセスカウンター
検索フォーム
主な作品
WindowHelper(フリーソフト)
WindowHelperポップ

描いた絵・イラスト
リンク
バナー
当サイトはリンクフリーです。
バナーを使用したい場合は以下の画像をお使い下さい。
(リンク先に200x40サイズを置いてあります)

・通常版
banner

・ミク版
banner
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。