スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シークレットゲーム-Depth Edition-

前々から応援していた「シークレットゲーム-Depth Edition-」をプレイしました。

公式↓
http://flat-software.com/SecretGame/

プレイしてみての感想は・・・かなり良かった!
そもそも設定・世界観が好きなゲームであったし、全体としてよくまとまっていたと思います。
それぞれのキャラクターの想いとか大切にしているものとかが交錯し、その果てに死んで行く。
パッと見は猟奇的なゲームですが、このゲームの主眼は信頼・自己犠牲・人の弱さ、にあるのだと思います。

どう生き、どう死ぬのか

人間の生き方について触れる、私好みな作品でした。
好きのベクトルはガンダムWと近い感じですね。

以下ネタバレ含むので注意。
今回はかりんルートを追加して、計5ルート(4.5ルート?)だったわけですが、各ルートの個人的評価は、
かりん>最終>渚>麗華>咲実
といった感じ。
後半3ルートが良かった!
後は、今まで聞いたことがほとんどなかったED主題歌「散って、咲いて」も私好み!
いや、本当このゲームの曲は全部いいですね。

ちなみに女キャラの中では渚が好きー。
その次は文香さんですね。
あー、自分は年上キャラが好きなのかな。。。
男性陣は高山、御剣、手塚、葉月と半分以上が好きです。

それにしても私は最終ルートをプレイするのは正直怖かった。
それまでのルートが面白かっただけに怖かった。
というのも同人時代の「キラークイーン」の2週目が個人的には残念だった訳で。。。
今回も残念なのかと思いきや、熱くて全然良かった!

後はまとまりなく徒然に。

ルールの設定にキラークイーンから何個か変更点があり、今回はその使われ方に期待していました。
変更点は、
・首輪解除失敗時のペナルティ
・賞金の扱い
この変更点は物語を進行させる上で有効に活用していて良かったと思います。
特に賞金山分け制度はかりんを追い詰めるために有効でしたね。
まあ、そのために変えたんでしょうけどw
ペナルティも参加者の恐怖を煽るのにより有効性が増しましたねー。

麗華ルートでの葉月さん、カッコ良かったですねー。
「少しは怖くはない」
恐怖を抱きながらも前へと進んでいく様。
こういうシーンがこのゲームの見せ場ですよね。
後個人的に葉月さんに見せ場が来たのはちょっと嬉しかったですw
結構好きな立ち位置だったんで。

高山さんはかりんルートが一番輝いていましたね。
「後ろから撃たれる心配がないというのは・・・」
っていう台詞が格好良かった!
死に際でも手塚を牽制する様はしびれましたー。

って感じであんまり書いてもグダグダしてしまうのでこれくらいで締めますね。
というわけで、「シークレットゲーム-DepthEdition-」は良かったよ、という報告でした。
関連記事

theme : ヲタク人日記
genre : アニメ・コミック

comment

Secret

プロフィール

シロマ=ナノ

Author:シロマ=ナノ
参加予定イベント:
 ・C91 3日目西め28a

DIVA-AC:
 LV.199 白のシンフォニア

Flashカレンダー
Twitter
カテゴリ
最新記事
PCLクレジット
当ブログは、ピアプロ・キャラクター・ライセンス(http://piapro.jp/license/pcl)に基づいて、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社のキャラクター 「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「Meiko」「Kaito」及びそれらに依拠して制作されたキャラクター「亞北ネル」「弱音ハク」を描いた作品を公開しています。
アクセスカウンター
検索フォーム
主な作品
WindowHelper(フリーソフト)
WindowHelperポップ

描いた絵・イラスト
リンク
バナー
当サイトはリンクフリーです。
バナーを使用したい場合は以下の画像をお使い下さい。
(リンク先に200x40サイズを置いてあります)

・通常版
banner

・ミク版
banner
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。